Home » Miyake Setsurei BijiMeikuShu by Miyake Setsurei
Miyake Setsurei BijiMeikuShu Miyake Setsurei

Miyake Setsurei BijiMeikuShu

Miyake Setsurei

Published December 1st 2014
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

三宅雪嶺(1860-1945)の美辞名句集『三宅雪嶺美辞名句集』!「自然」「宗教及哲學」「政治及社會」「修養」などに分類されて配列されています。後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の第四集です。売れ行きがよかったのか、国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。More三宅雪嶺(1860-1945)の美辞名句集『三宅雪嶺美辞名句集』!「自然」「宗教及哲學」「政治及社會」「修養」などに分類されて配列されています。後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の第四集です。売れ行きがよかったのか、国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。大正6年(1917)刊の国会図書館所蔵本を画像のまま復刻=====================================冒頭「小傳」より 三宅雪嶺は實に宇宙の如き人である。そこには實に種々なる思想、樣々なる智識が網羅されて居る。單に一部分を取つて見れば、丸で反對の奉公に向けられたやうな諸説は平氣で是認提唱せられてゐる。之を以て或時は不得要領の謗りを受け、或時は又淺學俗才の評を蒙る。然しながら其れは雪嶺の一部を見て、全部を見ざるものゝ淺見である。大宇宙が有らゆる美醜善惡を包容し、有らゆる矛盾撞着を總合して、而かも其間に一貫不磨の理法を藏するが如く、雪嶺の思想も亦、大體から見れば洵に善く整頓した大組織である。 氏は善の裏に必ら